02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

シルビーと遊戯王

Let‘s  遊戯王から名前変えました。 相互リンク募集中です。   

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ごめんね 

暇があれば お前の事が頭に浮かんでくる
独りになり時間ばかり持て余している日々
気を紛らわせようとひたすら遊んだり 飲みにも出かけたけど
お前の香りや仕草も お前の笑顔 泣き顔も
いつか何処か ふとした瞬間思い出しちゃうんだよ
でも思い出せば苦しくて 思い出さなきゃ寂しくて
もうどうすればいいんだろう

やっぱ何回だって 何万回だって
ずっと逢いたくて だけど逢えなくて
きっと戻れないけど 今でもまだ好きだから
ずっとずっとずっと お前を探してる

Stay with me お前の隣にずっとずっと居たい
開いた携帯の中のmemories まだ全部消す事できずに
2人のイニシャル入ってるアドレスも未だ変えることはできない
光る度に期待してしまう俺が居る
「幸せになって・・・」なんて言うなよ お前が居ないと本当ダメだよ
今どこで誰と何してるか 知りたくなってしまう
もう一度笑って見せてよ もう一度声を聞かせてよ
もう一度強く抱きしめたいよ

やっぱ何回だって 何万回だって
ずっと逢いたくて だけど逢えなくて
きっと戻れないけど 今でもまだ好きだから
ずっとずっとずっと お前を探してる

「100年先まで幸せにするからね。」
お前と話してた 二人だけのあの約束
守れなくて 本当ゴメンね・・・

やっぱ何回だって 何万回だって
ずっと逢いたくて だけど逢えなくて
きっと戻れないけど 今でもまだ好きだから
ずっとずっとずっと お前を探してる

ずっとずっとずっと お前を探してる

スポンサーサイト
2012/03/02 Fri. 20:36 | trackback: 0 | comment: 0edit

好きだよ~100回の後悔~ 

これから、受験まで、

考えてる暇がないので、

歌についてします。

100回くらい忘れようとしたけど
もうダメだよ
気付けばいつもお前のことばっかり
思い出してた
今更だって分かってるけど
やっぱり好きだよ
逢いたいよ
もう一度またやり直したい



記念日のメールたくさんのハートマーク
お互い送り合って増えてった鍵のマーク
読み返す度蘇る記憶に
今でもサヨナラはできなくて
逢えない時間も
腕枕しながら眠った夜も
「いつまでも一緒」と笑い合ったのに
隣にお前はもう居なくて



100回くらい忘れようとしたけど
もうダメだよ
気付けばいつもお前のことばっかり
思い出してた
今更だって分かってるけど
やっぱり好きだよ
逢いたいよ
もう一度またやり直したい



「誰といるの?どこにいるの?何をしてるの?」
「会えない日はやっぱり不安になるよ…」
「連絡の一本もくれない時はいつも結局ワタシ後回しの存在なの!?
好きという気持ちよりも
我慢できない気持ちの方が胸が痛いよ。」
「早く来てよ。強くギュッてして欲しいのに・・・」
・・・今更お前の言葉達思い出す

二人で見た映画でそっと手を繋いだ
何度だってキスした車の中
開いた携帯の中のいる二人は
笑って笑って笑って笑っていた
なんであの頃にもっともっと
大切にできなかったんだろう


別れた日から今日まで
ずっとホント後悔してるよ




100回くらい忘れようとしたけど
もうダメだよ
気付けばいつもお前のことばっかり
思い出してた
今更だって分かってるけど
やっぱり好きだよ
逢いたいよ
もう一度またやり直したい



お揃いで買ってはめたこのリングも
二人で聞いたラブソングさえも
忘れたい変わらない愛誓い笑いあい
何気ないお前との日々
他の誰かに代わりをとぬくもりを
求めてみたけれど
やっぱりなんかどこか違って
結局いつもお前の姿を探している




二人で見てた幸せ達は光を無くした
気が付けばお前の「幸せ」は
「辛い」になってた
もし叶うなら笑顔のままの二人に戻って
一つも欠けないように
守りたい


100回くらい忘れようとしたけど
もうダメだよ
気付けばいつもお前のことばっかり
思い出してた
今更だって分かってるけど
ごめんね
もう一度またやり直したい
2012/03/02 Fri. 19:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。